読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ行くで?今ずら!

てきとうに山とかのブログです

海の日連休の前の週の剱岳#1

 
過去の山行の記録です

海の日連休は混雑確定なのでその一週前に剱岳に行ってきました

例年は夜行バスで扇沢から行っていた剱岳でしたが、
今年は北陸新幹線の開業ということで新幹線で行ってみました
 
【日程】 
2015年7月11日〜12日
 
【コースタイム】
東京駅ー富山駅(6:16〜8:26)→室堂(11:30)→雷鳥沢(12:15)→御前小屋(14:00)→剣沢小屋(14:50)→剣山荘(15:30)
 
昨年まではここ
f:id:ohto0925:20160511203510j:image

新宿の西口から前日の出発だったけど

f:id:ohto0925:20160511203700j:image
↑のおかげで朝の出発でも剣山荘までたどり着けることがわかり
さっそく行ってみようと
車内には一定数の登山客
f:id:ohto0925:20160515014432j:image
車窓からの北アルプス
車内放送が「東京から最短の日本海」とアナウンスしてみたりや立山連峰の説明をしてくれる
f:id:ohto0925:20160511210509j:image
富山駅からは京阪3000系地鉄に乗り換え
f:id:ohto0925:20160511212446j:image
鉄橋超えて
f:id:ohto0925:20160511212512j:image 
天気は最高
立山駅からはケーブルカー
 f:id:ohto0925:20160511212602j:image
うわっ混んでる
(臨時便が増発され助かる。結果としてはここが一番ひやっとしたかもしれない)
f:id:ohto0925:20160511212721j:image
登山客も多いけど台湾からのツアーで人気
コンダクターのお姉さんに台北でオススメの火鍋店を聞いてみたりした(彼女のオススメは馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋とのこと未だバイキング形式の火鍋には行ったことないので今度の宿題にしておきます)
f:id:ohto0925:20160511213004j:image
台湾からの上高地立山は人気コースらしく
台湾のMRTの車内にはアルペンルートの広告
富山空港⇆桃園の飛行機が就航してたりする
f:id:ohto0925:20160511213127j:image
奥に見えるのが落差日本一の称名滝
f:id:ohto0925:20160511213735j:image
久しぶりの室堂
ホテル立山泊まりたい 
ここ来るとキューブリックの『シャイニング』思い出す
他にもそんな人いると信じたい
f:id:ohto0925:20160511213847j:image
そんなこんなで
雷鳥沢までくだり
剱岳初挑戦の同行者には帰りにここから室堂までが地獄だとは伝えなかったのは優しさなのか
f:id:ohto0925:20160511213930j:image
さてさて
とりあえず
御前小屋までがんばりましょう
f:id:ohto0925:20160511214145j:image
振り返ると室堂が一望
硫黄で雪が黄色いところも
f:id:ohto0925:20160511214531j:image
御前小屋のある稜線に到着
ここまでくると剱岳
前もって山小屋に確認しておいた情報では「まだ雪渓のカットが終わってないから剣沢小屋経由で向かってください」とのこと
たしかに剣山荘への夏道はまだ見えない
f:id:ohto0925:20160511214837j:image
雪渓をくだる
天気もいい
剱岳も美しい
f:id:ohto0925:20160511225121j:image
ひたすら雪渓をくだる
f:id:ohto0925:20160515013606j:image
剣沢小屋
ここから
剣山荘に向けて
横にあともう少し
f:id:ohto0925:20160515013703j:image
おっ
雪渓はカット済み!
そして
f:id:ohto0925:20160515013831j:image

15:30分

到着ー!
確かに当日出発でも到着できる剣山荘でした
f:id:ohto0925:20160515013854j:image
部屋からの景色
ここの山小屋にはなんとシャワーがある!!
そして
f:id:ohto0925:20160515013919j:image
実は絶対に今日はカツだと思っていて
ずっとカツを食べるつもりでいて
ハンバーグだったショックを隠せずに、、
ビールをいただきます
そして小屋のお姉さんと農鳥小屋のお父さんの話で盛り上がって(昔怒られた)
いつかこの時の素人登山っぷりも記しておこうと思う
 
お休みなさい