読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつ行くで?今ずら!

てきとうに山とかのブログです

バリ島でアグン山登山#6(登山とおにぎりの記事)

【日程】2016年9月5日

お迎え(22:30頃)→パサールアグン(1:15)→登山開始(1:30)→山頂(5:50)→ご来光(6:12)→下山開始(6:45)→樹林帯(8:00)→パサールアグン(9:00)→下山(9:20)

 

パサールアグンという登り口の寺院目指して出発

約2時間かけて登山口に到着 

結構遠い

標高約1500m

結構涼しい

f:id:ohto0925:20160925215935j:image

さすがに涼しい

If you pee ならbushでしろと 

おお

トイレなしか

登山口にトイレらしきモノあったけど閉まってた

f:id:ohto0925:20160925220018j:image

とりあえず暗闇の中

階段登ります

f:id:ohto0925:20160925220032j:image

寺院の前で登山のお祈り

f:id:ohto0925:20160925220058j:image

暗闇の中をとにかく登る

とにかく直登して行くイメージ

バリの飯の脂っこさの蓄積で

すごく辛い

とにかく足が進まない

f:id:ohto0925:20160928161920j:image

空がかすかに明るくなってきたところで

時間調整の大休憩

ガイドのニョマン氏がここで大休憩を取るとのこと

一瞬なぜ?

と思ったけど

山頂に着く時間がぴったりだったので

さすがの時間調整ということがのちに判明 

30分ほど仮眠

f:id:ohto0925:20160928161938j:image

だんだん山の形もわかってきた

f:id:ohto0925:20160928162001j:image

もうすぐ朝になる

f:id:ohto0925:20160928162024j:image 

山頂にいる人が見える

f:id:ohto0925:20161005082100j:image

おお

 火口

f:id:ohto0925:20161005082152j:image

山頂には寺院

f:id:ohto0925:20161005110827j:image

現地の人

この人もガイドなんだけど

下る時に口でガムランぽい音程を口ずさんでいた

f:id:ohto0925:20161005110916j:image

古来から

f:id:ohto0925:20161005110951j:image

人類は

f:id:ohto0925:20161005111007j:image

太陽を信仰してて

海から出てくる日の出はやはり別格

f:id:ohto0925:20161005111052j:image

実はこの写真を載せるためにここまで長い道のりを合計6回にも分けて書いてきたわけで 

まぁ読んでる人もほとんどいないからいいんだけど

この決して美しく見えないおにぎり

実際ありえないくらい美味でありまして

他の登山隊はパンとかバナナとかが朝飯なんだけど

ガイドさんがウブドの日本料理店「影武者」さんにお願いして作ってもらったおにぎり

とんでもないサプライズでした

ウメ 

オカカ

コンブ

にノリもついて

さらに

浅漬け

完璧なラインナップ

f:id:ohto0925:20161005111115j:image

影富士ならぬ

影アグン

おにぎりと朝日

なんとも言えない清浄な組み合わせ

ちなみに感動して貪り食ってる我々に

「ナシ?」(インドネシア語で米の意味)

と問いかけた別のガイドがいたのも事実

そりゃうまそうに米のかたまり食ってれば怪しく見えるって

f:id:ohto0925:20161005111142j:image

とにかく我々日本人にとっておにぎりは大切な存在なことがよくよくわかった初めての海外登山でした

炭水化物はナシゴレンでもナシチャンプルでもミーゴレンでも摂取はできる

でも明らかにおにぎりの持つ世界観に我々には打ちのめされた 

 

だいぶ太陽も登り

f:id:ohto0925:20161005111205j:image

光が寺院に反射して神々しい

f:id:ohto0925:20161005111228j:image

日本人のいない山頂

海外の登山だということを痛感

f:id:ohto0925:20161005111310j:image 

ガイドのニョマン氏について下山開始

とにかくまっすぐ下る

f:id:ohto0925:20161005111645j:image

1500mとにかく下る

f:id:ohto0925:20161005111715j:image

遠くにパサールアグンがみえる

f:id:ohto0925:20161005111731j:image 

とにかく下る

 

f:id:ohto0925:20161005111805j:image 

いたずら書きなのか?

 

f:id:ohto0925:20161005111826j:image

やっと樹林帯が近づいて来た

f:id:ohto0925:20161005111848j:image 

砂防ダム(?)にも神様がいる

f:id:ohto0925:20161005111909j:image

おおー

久しぶりの人口建造物!

f:id:ohto0925:20161005111934j:image

パサールアグンから見るアグン山

行きは暗くて何も見えなかった

f:id:ohto0925:20161005111958j:image

最後に階段

正直前半のリゾート気分でなまりまくった体と精神にはこの階段はきつい

すでにガクガク

f:id:ohto0925:20161005112025j:image

多分300段くらい

f:id:ohto0925:20161005112049j:image

おおー

駐車場が見えた

f:id:ohto0925:20161005112111j:image

そしてゴール

f:id:ohto0925:20161005112142j:image

帰りの車の中から見たアグン山

 

お疲れ様でしたー

 

と言いたいとこだけど

 

今回登ったコースは南峰でメインピークじゃないとこが途中で判明

メインピークへはブサキ寺院からのコースでコースタイムもこのコースよりハードらしい

次回の宿題です

 

自宅につくまでが山ということで

アラムジワに戻るまでお付き合いください

 

 つづく